「ご当地木のストロー」を開発へ 森林保全にも貢献、100万円調達目指す

「ご当地木のストロー」を開発へ 森林保全にも貢献、100万円調達目指す

「木の紙」などを開発・販売するクレコ・ラボ(東京都港区)は9月24日から、クラウドファンディング「Readyfor」で「水と森を守る橋渡しに。全国の木材を使った木のストローを開発!」プロジェクトによる資金調達を開始した。支援を通じて、日本各地の木材を使った「ご当地の木のストロー」の開発を行う。

同プロジェクトの募集期間は、11月7日(木)24時まで。目標金額は100万円。開始から7日目の10月1日11時時点の資金調達額は572,000円(57%達成)。

「木のストロー」は、世界的な脱プラスチックの流れや国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」にも貢献する商品として、同社が2018年に開発した。

今回、同社はクラウドファウンディングで支援を募り、全国各地のさまざまな樹種で作る「木のストロー」を開発する予定だ。

日本の木材を使用することで、林業の活性化だけでなく、適切な森林管理が促進され、森と森が貯めている水を守ることにも繋がる。また、国産材を使う(買う)ことが、水源となる森林の保全活動への貢献となることを、同プロジェクトにより認知拡大を目指す。




シロ
プラスチックのストローが問題になっていたからこういうのもいいよね

クロ
木材を使うことは林業の活性化にもつながるからいいことなんだよね

シロ
森が水を貯めるから水源管理にもなるんだよね

クロ
それだけじゃなくって洪水や水害を防ぐ効果もあるんだよ




引用元:【環境ビジネスオンライン】「ご当地木のストロー」を開発へ 森林保全にも貢献、100万円調達目指す


Pick UP!
Final Fantasy14の世界「エオルゼア」で光の戦士兼写真家が冒険のあいまに撮影した写真を公開しています。
エオルゼアの写真家

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。