脊振ジビエ

【佐賀】捕獲のイノシシ肉「脊振ジビエ」販売 農林被害の軽減へ マックスバリュ九州

マックスバリュ九州(福岡市)は24日、県内で捕獲されたイノシシの肉の販売を佐賀市などの5店舗で始めた。イノシシによる農林業被害を軽減し、地域活性化につなげる狙い。吉野ケ里町脊振山系鳥獣処理加工センターが手がけた冷凍肉「脊振ジビエ」を売り出している。

2016年からご当地ジビエを九州各地で販売しているマックスバリュ九州の取り組みを知った吉野ケ里町が呼びかけ、同社の県内販売が実現した。

県によると、県内で17年度に捕獲されたイノシシは約2万2千頭。大半は食肉加工されず、廃棄処分されている。

イノシシの駆除を町おこしに生かそうと、吉野ケ里町は18年5月、同町と神埼市の猟友会会員が運営するセンターをオープン。18年にイノシシ98頭を処理し、「脊振ジビエ」のブランド名でイノシシ肉を町の道の駅などで販売してきたが、より多くの人に鳥獣被害に関心を持ってもらおうと、マックスバリュ九州での取り扱いを依頼した。

引用元:【西日本新聞】捕獲のイノシシ肉「脊振ジビエ」販売 農林被害の軽減へ マックスバリュ九州 [佐賀県]




シロ
ジビエってじわじわ人気が出てるよね

クロ
東京でもジビエ料理が食べられるお店が増えてきたよね

シロ
スーパーで気軽に買えるのもいいね

クロ
イノシシ肉は一度食べてみるとそのおいしさに驚くぞ!






Pick UP!
オカルトや都市伝説など、超常現象や不思議なことに関する情報をまとめているサイトです。
超常現象 ミステリーファイル

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。