【京都】マッチョ貴族が暴れ回る観光PRゲーム、宇治市が公開 これぞ“宇治抹チョ”

京都府宇治市は7月10日、スマートフォン向けゲームアプリ「宇治市~宇治茶と源氏物語のまち~」(iOS/Android、無料)を公開した。「過去にゲームを模したプロモーション映像を公開したところ、実際に遊んでみたいという声が多く寄せられたため、ゲーム化に踏み切った」という。

2017年にYouTubeで公開し、約17万再生されるなど反響を呼んだプロモーション映像「【宇治市PR動画】観光アクションゲーム『宇治市~宇治茶と源氏物語のまち~』」を実際にゲーム化。資金を募るため、2019年12月に「ふるさと納税型クラウドファンディング」(個人の寄付がふるさと納税の対象となるプロジェクト)を実施し、634万1000円を集めた。

だが、目標額の1200万円は達成していなかったため、追加で市の事業費約400万円を投入。最終的に約1038万円でゲームを開発したという。当初は20年春にリリースする予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響でスケジュールを変更した。

マッチョな貴族のキャラクター「KEMARIO」が、宇治市名物の姿をしたモンスターたちと戦う横スクロールアクションゲーム。タケノコやスイカに脚が生えたモンスターとパンチやキックで戦う。操作ボタンには、宇治市の名産品である宇治茶や茶団子を模した「湯呑型十字キー」と「茶団子ボタン」を採用している。

シロ
なかなかぶっ飛んだゲームだよね

クロ
スーパーファミコンっぽいグラフィックがいい意味であっているよね

シロ
スーパーファミコンの時代ってこういうバカゲーもあったから雰囲気があっているよね

クロ
iOSとAndroidで無料でダウンロードできるので実際にプレイして宇治のよさが少しでも多くの人に伝わるといいよね


引用元:【ITmedia NEWS】マッチョ貴族が暴れ回る観光PRゲーム、宇治市が公開 これぞ“宇治抹チョ”


国内ランキング

Pick UP!
山や自然を愛するすべての人へ。アクセス情報やコースガイド、休憩スポットや登山後の寄り道スポットまで、登山を楽しむ情報満載!
Ein Wanderer

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。