水木しげる

【兵庫】水木しげるさん、妖怪遭遇の「丹波篠山」 16歳から2年間生活/兵庫・篠山市

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/12/01(土) 22:01:03.82 ID:CAP_USER
 2015年11月30日に93歳で亡くなった漫画家、水木しげるさん。「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」など、数多くの名作を世に送り出した巨星が、若かりし頃の一時期、兵庫県の内陸部にある篠山市で暮らしていたことはあまり知られていない。野原で遊び、虫だけでなく、妖怪らしきものにまで出会ったという縁深い場所。篠山は、水木さんをはぐくんだ「原点」の一つともいえる。

 鳥取県境港市出身の水木さん。16歳の時、父が生命保険会社の篠山支店長となったことをきっかけに移り住み、約2年間、篠山で生活しながら、大阪の「精華美術学院」に通っていたことが、自伝小説「ほんまにオレはアホやろか」(新潮文庫)や「私はゲゲゲ」(角川文庫)に記されている。





 「ほんまに―」の中で水木さんは、篠山のことを、「なにしろ、デカンショ節に、丹波篠山の山奥と歌われたぐらいで、デカンショ節の時代よりは開けているとはいっても、山奥にかわりない」と表現。学校へ通うには、当時の国鉄篠山口駅と篠山城下町を結んでいた「軽便鉄道」(現在は廃線)に乗るため、「日本にこんな鉄道がよくあったものだと思われるぐらい、小さな汽車に乗って二、三十分も行くと、国鉄篠山口という乗り換え駅に着く。それから、また大阪まで乗るのだからたいへんなのだ」と書いている。

 また学校に行かず、「自習」と称して山に入り、植物や虫をスケッチしたり、「どうしたわけか蛇が多い」「林の中で猪に出会った」などという記述もある。

「得体のしれないモノの群れ」「おとろし」にも出会う
 地元紙として気になるのが、「篠山のどこで生活していたか」だが、父親の勤務先が生命保険会社であったことや、軽便鉄道に乗っていたことから、現在の城下町地区のどこかである可能性は高いが、詳しい住所についてはわかっていない。

 鉄道乗車駅も書かれていないが、当時の軽便鉄道の時刻表によれば、篠山町駅―篠山口間は約12分で運行しており、水木さんの感覚「二、三十分」と照らし合わせると、少なくとも始発の篠山町駅か、「(ベンチで寝ていて)汽車は誰もいないと思って通過してしまった」という記述から、一つ先の魚の棚駅から乗車した可能性もあると考えられる。

 自伝の中で注目すべき点は、「神社の裏山に得体のしれないモノが群れをなしている気配を感じた」「木陰で小人の群れに出会った」などというエピソード。

 「水木しげるの憑物百怪」(小学館文庫)では、妖怪「おとろし」に出会ったとの記述もあり、「場所は兵庫県篠山の山中の祠だった」としていることから、篠山でも妖怪とのつながりがあったよう。ちなみに、「おとろし」に出会ったのは、篠山市東浜谷の篠山産業高校の裏手にある「盃山」と伝わっている。

 また、篠山で描いた昆虫は、「天昆童画集」と題しているほか、篠山川らしき川を描いた風景画も残っている。テーマ曲「ゲゲゲの鬼太郎」のカップリング曲「カランコロンのうた」には、「ゲゲゲの鬼太郎 たたえる虫たち」という一節があり、この虫たちが天昆童画集を描いた篠山の虫のことを指しているとすれば、篠山市民にとっては感慨深い。

 鬼籍に入った水木さん。「おとろし」をはじめとする妖怪たちとも戯れておられるのだろうか。

 水木さんが篠山で描いた絵や自伝の一部などは、インターネットサイト「ネットミュージアム兵庫文学館」で見ることができる。

yahooニュース(丹波新聞) 12/1(土) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010000-tanba-l28




4: やまとななしこ 2018/12/01(土) 22:13:38.20 ID:OrvzYR3T
水木センセが金の生る木になって

出生地の大阪市粉浜も参加しそうな勢いネ

水木ロードの改修工事も終わっていそうなのでまーた境港へ行こうかしらん

5: やまとななしこ 2018/12/01(土) 22:18:49.50 ID:+W3+OgD3
>篠山で生活しながら、大阪の「精華美術学院」に通っていた

あー、福知山線で乗り換え無しで大阪までいけんるんですな。
しかし、相当、長時間、電車に揺られる事になりますな。

6: やまとななしこ 2018/12/01(土) 22:50:11.71 ID:W5m8v6Vn
記憶違いかもしれんが篠山の春日神社はぬーべでケサランパサランの生息地とか書いてなかったっけ?

7: やまとななしこ 2018/12/01(土) 23:18:54.12 ID:PQ+tjnv8
幼い頃に第何期か再放送なのかも知らんが見るともなしに見ていた記憶しかないが
それから三十年以上も経って初めて今の新作を真面目に見てる
ぃゃほんとマジで面白いな

9: やまとななしこ 2018/12/02(日) 00:12:11.67 ID:qaq2CcQr
日本人に妖怪という存在をイメージ付きで刷り込んだ影響力は、ガンダム以上だから
素直に凄いと思うわ。


12: やまとななしこ 2018/12/02(日) 01:28:38.72 ID:DfyhC/zz
今の鬼太郎、猫娘が成人女性みたい。鬼太郎と並んだら、しょたお姉さんに見える

16: やまとななしこ 2018/12/02(日) 07:12:39.58 ID:GLko+3mk
高校生で学校サボって
昆虫にハマるって本物だな

さすが天才

17: チャチャ丸 ◆DQan0pMFeE 2018/12/02(日) 10:35:22.47 ID:61QSiGth
水木しげるって絵が上手いよな

18: やまとななしこ 2018/12/02(日) 12:08:51.03 ID:y+LK3Kpn
ガキの頃は画風が古臭いっていうか独特過ぎて好きじゃなかったな。
よく読み飛ばしてた。
実録従軍漫画は面白かったが。


20: やまとななしこ 2018/12/02(日) 16:00:49.41 ID:i9M77NiP
妖怪とかオカルトとか真剣に探求する人って
99%信じてないけどどこかにあるかもしれない1%を探し続けてる人だよね

21: やまとななしこ 2018/12/02(日) 17:21:33.64 ID:Gvp3uYLO
水木先生っていうと妖怪よりも、戦争で左腕をなくしたイメージが強くてどうしても「総員玉砕せよ」をイメージしてしまうな。
あのマイペースというか飄々とした性格でよく戦場から帰還できたと思う。

22: やまとななしこ 2018/12/02(日) 17:37:07.37 ID:II6lf7Dq
>>21
妖怪に守られたんだな

シロ
水木しげる先生は偉大だね

クロ
水木先生も妖怪の総大将って風格があるもん 

引用元:【兵庫】水木しげるさん、妖怪遭遇の「丹波篠山」 16歳から2年間生活/兵庫・篠山市


Pick UP!
東京の定番スイーツ情報をお届け。おいしいスイーツ情報満載!
定番東京スイーツ

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。