吉田うどん

【山梨】アゴが壊れそう! 旨いが硬すぎる山梨県富士吉田市の「吉田うどん」

日本全国に、それぞれご当地自慢のうどんがあります。その美味しさを表現する際、よく使われるのが、もっちり、つるつる、シコシコ、モチモチ…など食感を表す言葉ですよね。しかし、今回ご紹介するうどんは、ちょっと違います。

ワシッ、ワシ、ムギュ、ムギュ。“コシが強い”“弾力がある”“歯ごたえがある”という表現をはるかに超越しています。例えるなら屈強、頑丈、剛健、強靭などの言葉がしっくりくる感じ。

注文から10分ほどで「吉田うどん」(300g、トッピングに馬肉、ちくわ天)が登場しました。想像以上にうどんが硬そう。思わず「これ、本当に茹でました?」と聞きたくなるようなゴワゴワ感です。

しかし、こんなに硬いのに美味しい! しかも食べるのがとても楽しいのです。なぜなら噛む回数が多くなるので、わき目もふらず、うどんと向き合うことになります。すると必然的に、小麦の風味とつゆをじっくり味わうことができるのです。しかも、合間にいただくトッピングの美味しいこと。とくに馬肉のぷるぷるとした食感と甘辛さが優しく、さらに卓上の「すりだね」という吉田うどんに欠かせない辛い薬味がまた旨い!




シロ
山梨県富士吉田市の吉田うどんって初めて聞いたよ!

クロ
写真で見ただけでも角がしっかりあるし硬そうだね

シロ
食べ応えがありそうなうどんだよね

クロ
バリカタよりもさらに硬そうだけど食べ応えがありそうで流行るかも?




引用元:【exciteニュース】アゴが壊れそう! 旨いが硬すぎる「吉田うどん」を亀有『五葵』で食べてきた


Pick UP!
山や自然を愛するすべての人へ。アクセス情報やコースガイド、休憩スポットや登山後の寄り道スポットまで、登山を楽しむ情報満載!
Ein Wanderer

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。