【静岡】富士宮やきそば

ご当地B級グルメブームの火付け役になったのが静岡県で愛され続けるこの『富士宮やきそば』。『富士宮やきそば』の最大の特徴は肉かすと魚粉が入っていることと、コシの強い専用麺を使っていることです。人々を引き付ける魅力は歯ごたえのある麺ともっちり感ですが、麺には富士宮やきそば学会承認の『よねやま』の麺を使用しています。やや太めのこのよねやまの麺はもちもちの食感としこしこの歯触りが独特で病みつきになるほど。全国の麺通からも支持されるほど旨さ!

富士宮やきそばの歴史

富士宮やきそばの歴史は戦後、富士宮市内にお好み焼き屋や鉄板のある駄菓子屋が多く開店し、そこで焼きそば提供されたことに始まります。2000年には富士宮やきそば学会が設立され、町おこしのために売り出されると年々ファンが増えていき、「B-1グランプリ」の記念すべき第1回と第2回で1位を獲得し、第3回目では特別賞を受賞し全国的に富士宮焼きそばが知られるようになりました。

富士宮やきそばにまつわるエピソード

富士宮やきそばといえば肉かすも特徴のひとつ。富士宮やきそばに肉かすが使われるようになった背景には天ぷらの天かすが使用されていましたが、天かすが不足していることに佐野萬蔵は着目し、天かすの代わりに肉かすを使用すると、さらに美味しくなることを提案。それが世間の評判を呼び、広く使用されることとなり、現在の富士宮やきそばとして定着しました。

富士宮やきそばはB-1グランプリで2連覇を達成し、多くのメディアに取り上げられるようになり、東洋水産からはカップ麺として販売されるほどの人気となりました。それ以前にも同じくやきそばで町おこしをしている横手市と太田市を招いてやきそばの食べ比べを行う「三者麺談」を開催するなど地域おこしにも積極的であり、地域おこしの成功事例としても有名です。


シロ
B級グルメといったらやっぱり富士宮やきそばだよね

クロ
魚粉の香りがソースと合わさって一度食べたら病みつきだよね




国内ランキング

Pick UP!
フォトグラファー:崎村武秀のポートフォリオ兼紀行録
HAZUMU RHYTHM

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。