ご当地顔出しパネルで観光復興を 広島県 豪雨の風評被害払拭へ設置

【広島】ご当地顔出しパネルで観光復興を 広島県 豪雨の風評被害払拭へ設置

昨年7月の西日本豪雨で減少した旅行客を呼び戻そうと、広島県が観光振興に力を入れている。SNS(会員制交流サイト)などでの拡散を狙い、県内各地のスポットで地域色のあるユニークな「顔出しパネル」の設置をスタート。被災自治体などと連携した観光プロモーションも始めた。中国地方有数の観光都市の元気な姿を発信することで、風評被害の払拭(ふっしょく)を目指している。

縦190センチ、横110センチ。バラ栽培が盛んな同市にちなみ、少女漫画の名作「ベルサイユのばら」に登場するマリー・アントワネットとオスカルがバラの花とともに描かれ、オスカルに顔出し用の穴が開けられている。

「ここで撮影した写真はぜひインスタグラムやブログに投稿し、多くの人と共有してほしい」とパネルを設置した県観光課の山本栄典課長。県内の観光スポットを全国にアピールする手段として発案した。

昨年11月末に設置した廿日市市を皮切りに、現在は県内11カ所に拡大。デザインは各市町と協議して決め、三次市では地域に残る伝説を基に妖怪の絵柄を採用、三原市は特産のタコをモチーフにした。福山市などでも準備を進めており、2月中に県内約20カ所まで増やす計画だ。

引用元:【山陽新聞さんデジ】ご当地顔出しパネルで観光復興を 広島県 豪雨の風評被害払拭へ設置




シロ
顔出しパネルって最近ちょっとしたブームになってるよね

クロ
Instagramでも面白い顔出しパネルの写真がいっぱいあるよね

シロ
面白い顔出しパネルがもっと増えるといいね






Pick UP!
東京のおいしいお店がすぐわかる食べ歩きに役立つサイト
東京グルメ散歩

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。