岡谷のご当地ラーメン完成 高校生グループが発想

【長野】うなぎのかば焼きのタレを使った岡谷のご当地ラーメン完成 高校生グループが発想

岡谷市の名物を生かしたご当地ラーメンづくりに取り組む地元高校生グループ「VoiceofAOHS(ボイス・オブ・エーオーエイチエス)」が13日、地元の飲食店などの協力で試作したラーメンを試食し、完成にこぎ着けた。うなぎのかば焼きのたれを麺に絡めた汁のないラーメン。10月ごろに発売する予定で、生徒は宣伝を担う。

飲食チェーン経営のテンホウ・フーズ(諏訪市)が、岡谷市と下諏訪町の4店舗で販売する。これまでの試作段階で具材を検討した生徒が選んだチャーシューやモヤシ、刻んだタマネギなどの具材を使った。価格も生徒の提案で750円(税込み)にした。

当初、具材にうなぎのかば焼きを想定したが、コストがかかるため、たれを代用。生徒は今後、配布用のビラを作ったり、SNS(会員制交流サイト)を使ったりしてPRする。




シロ
地元の高校生達が考えたご当地ラーメンおいしそうだね!

クロ
ウナギのかば焼きのタレをつかっているみたいだから甘辛くて美味しそう!

シロ
うな重も美味しいけどあのタレがおいしいんだよね

クロ
これからはPRも高校生たちがやるみたいだから流行るといいね!




引用元:【北陸・信越観光ナビ】岡谷のご当地ラーメン完成 高校生グループが発想


Pick UP!
ダッシュ四駆郎世代のWEBマスターがミニ四駆に復帰して約20年ぶりにミニ四駆を作っていきます。塗装や改造情報など、ミニ四駆復帰者に役立つミニ四駆のファンサイト
DASH魂

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。